悪質な企業は今後どんどん公表される?

ブラック企業なんかにはもう二度と就職しない!!次世代ノマドワーカーの働き方

  好きな時間に好きな場所で、半ニート的に働いて年300万円稼ぐ方法とは?

ブラック企業に転職しないためのサイドビジネス成功例

ブラック企業は今後どんどん公表される傾向にある?

 

ブラック企業と呼ばれている会社名は、耳にすることも多いでしょう。
(参考:ブラック企業一覧、偏差値ランキング

 

今後これらのブラック企業は、公表される傾向にあるのでしょうか?

 

 

残業代が出ない長時間労働が常態化

 

ブラック企業は公表される?会社名一覧は?

多くの場合、賃金の未払いが常態化していたり、月に100時間以上の残業がある企業のことをそう呼びます。

 

 

激務で残業時間も多く、さらに時間外手当が出ないなどが当たり前の会社で働いていると、肉体的にきついのは当然ですが、精神的にも疲れてしまいますよね。

 

 

精神的に疲れすぎてしまいうつ病になり、さらに自殺に追い込まれたという人もいます。

 

このような労働環境を改善させるため、国も重い腰を上げました。

 

 

ブラック企業はどんどんなくなる傾向?

 

厚生省は、ブラック企業の社名を公表し、このような労働環境を改善させるように呼び掛けています。

 

しかし、公表の対象になるのは「大企業」だけであり、中小企業はその対象外になっています。

 

大企業に特化してそのような取り組みを行っても、300人以下の中小企業を対象外にするということに、「大企業で働くエリートは守られて、目につかない中小企業で働く人たちはどうでも良いのか?」という反感も大きく上がっています。

 

 

また、「労働環境や条件が悪い企業はすべて公表すべきである」というような意見が多数上がっており、今後はどのようになるのかはわかりませんが、ひとまず大企業の社名を公開することだけは確定されています。

 

 

多くの人が所属するのは中小企業であり、ブラック企業の温床になっています。

 

中小企業で働く人の意見でも、「不景気に伴い労働環境は悪化していく一方で、できるだけ早くこのような会社にも措置を施して欲しい」というような声が上がっているのが現実です。