ブラック企業の特徴とは?

ブラック企業なんかにはもう二度と就職しない!!次世代ノマドワーカーの働き方

  好きな時間に好きな場所で、半ニート的に働いて年300万円稼ぐ方法とは?

ブラック企業に転職しないためのサイドビジネス成功例

 

まだ社会経験の浅い若い世代は「ブラック企業」と言われても、「自分が若いから給料が安い」、「仕事を覚えるまでは残業があっても仕方ない」と思っている人も少なくありません。

 

しかし、ブラック企業に入ってしまったら、研修期間中だけにとどまらず、これから先、この会社に勤めるかぎりはそれが”当たり前”になってしまうかもしれません。

 

では、ブラック企業とはどのような会社なのか、その大きな特徴を2つ紹介します。

 

 

残業代が出ないのは当たり前

 

ブラック企業の特徴は?時間外手当が出ないのは当たり前

良く知られているのは、低すぎる給与額に加え残業代が付かないということです。

 

「残業をしたらそれに見合った報酬を受け取る」という、本来当たり前のことが行われていないのです。

 

また、休日まで会社に出勤しなくてはならず、本当の休みというものがなかなかないという会社もあります。

 

 

このような企業は「ボランティアの日」と称し、無賃金で会社の美化活動に貢献しなければなりません。

 

 

入社して間もない人は、「どこの会社もこんなもんなのか?」と思ってしまいがちですが、間違いであることに気付きましょう。

 

 

一年中求人票が出ている

 

あなたが現在転職先を探している場合に気をつけて見て欲しいのは、「求人票」です。

 

ブラック企業は離職率が高いことから、常に求人票が出ているということも大きな特徴です。

 

悪い噂が広まって誰も入社せず、年中従業員の募集を行っているような会社もあります。

 

 

あなたは仕事だけではなく、生計を立てて社会の一員として生活をしていかなければなりません。

 

このような会社で働くことで、生活そのものが破たんしてしまったり、家庭が上手くいかなくなってしまう例も少なくないのです。