ブラック企業の辞め方、退職の仕方

ブラック企業なんかにはもう二度と就職しない!!次世代ノマドワーカーの働き方

  好きな時間に好きな場所で、半ニート的に働いて年300万円稼ぐ方法とは?

ブラック企業に転職しないためのサイドビジネス成功例

ブラック企業をスムーズに辞める方法とは?

 

「ブラック企業だと知っていたら入社なんてしなかったのに・・・」

 

というように、入社してから初めて知る現実には絶望してしまいます。

 

 

しかし、一度入社したら辞めることができないと言われるのが「ブラック企業」です。

 

では、このような会社から退職した人はどうやって辞めることができたのでしょうか?

 

 

退職の意志を伝えると・・・

 

ブラック企業の辞め方、退職の仕方は?

辞めることを上司に相談すると、

 

  • 「おまえ会社潰す気か?」
  •  

  • 「再就職なんかさせないぞ。

      家族の生活に困るんじゃないのか?」

 

というような言葉をかけられて、迷いが生じたり、うまく言い包められてしまうこともあります。

 

 

しかし、退職を決意したら断固として貫く姿勢が大切です。

 

社内規程(本当のブラックはあってないようなものですが)にもよりますが、原則退職する日の1か月前に申し出ることが必要です。

 

 

パワハラが始まる・・・

 

もし正式に退職できる日時が決まったとしても、それまでに嫌がらせをするような上司がいるのも現実です。

 

たとえば、

 

  • 賃金のカットや有給を使えないと言われる
  •  

  • 今まで以上の激務になる
  •  

  • 言葉の暴力がさらに酷くなる
  •  

  • 休憩時間を一切与えてもらえない

 

こんなパワハラが起きる心配も・・・。

 

しかし、このような行為は、法律に違反していますよね。

 

ならばその法律で対抗しましょう!

 

 

相談することが大切!

 

退職の手続きに必要な書類を準備してもらえないという方法で、退職を引きとめられることもあります。

 

パワハラなど社内で解決できないことは、労働基準監督署に相談してみることをおすすめします。

 

 

現在はブラック企業の存在が次々と表面化しているため、自治体などでその対応策が充実してきています。

 

ひとりで考えたり悩むよりも相談したほうがスムーズに事が運びます。

 

 

理想的な辞め方は、会社が快諾してくれて円満に退職できることです。

 

そうすれば、次の仕事探しも気持ち良くできますね。

 

しかし残念なことに、そう簡単にはいかないことがほとんどなのがブラック企業。

 

ならば相談機関を味方につけて対処しましょう。