残業代も休日手当も一切つかなかった

ブラック企業なんかにはもう二度と就職しない!!次世代ノマドワーカーの働き方

  好きな時間に好きな場所で、半ニート的に働いて年300万円稼ぐ方法とは?

ブラック企業に転職しないためのサイドビジネス成功例

若い頃は残業代や休日手当がゼロでも働けたが…

 

「ブラック企業」という言葉がまだなかった頃

 

 

『「ブラック企業」という言葉がまだなかった頃』

 

 

平成に入って間もない頃、私が新卒で入った会社は今でいう「ブラック企業」ではないかと思う。

 

その会社にはタイムカードが存在しなかった。

 

遅刻をしても記録には残らないが(当然ながら、遅刻する人は稀だった)、残業しても記録としては残らない。

 

残業代が一切つかない会社だったのである。

 

 

事務の女性は定時で帰宅できることが多かった。

 

外回りの営業の場合は直帰という手段も使えるが、事務でもなく営業でもなく、企画という中途半端な立場にあった私は、残業代なしで毎週10時間以上は残業、忙しい時は持ち帰って自宅で仕事をしていた。

 

年に数回ではあるが休日出勤もあった。

 

土曜日が休みになるのは月2回だけだったので、11日間連続で勤務したこともある。

 

 

休日手当は一切つかなかった。

 

給与も賞与も他社と比べていいわけではないので、辞めていく人は当然多かった。

 

それなのに4年間も働き続けたのは、インターネットはまだなく情報が少なく、転職先を探す時間もないほど忙しかったというのが一番の理由だけれど、若さゆえの体力・気力で頑張れたというのも大きかったと思う。