タイムカードが存在しない会社

ブラック企業なんかにはもう二度と就職しない!!次世代ノマドワーカーの働き方

  好きな時間に好きな場所で、半ニート的に働いて年300万円稼ぐ方法とは?

ブラック企業に転職しないためのサイドビジネス成功例

故意に会社にタイムカードを置いていない理由とは?

 

 

故意に会社にタイムカードを置いていない理由とは?

 

 

『ブラック企業はこんな用意もしている』

 

 

以前勤めていた先なんですが、入社した時にタイムカードについて上の人に聞いたところ「そんなものはない」と返され、少し不思議に思っていました。

 

入社間もない時は私は定時で帰っていました。

 

他の人は帰る雰囲気ではなく、まだまだ仕事をしている様子でした。

 

 

それから一か月たち仕事に慣れてくると、次第に仕事量も増えてきて残業も多くなりました。

 

入社前は「残業代はないが、極力残業はさせない」と言われましたが、仕方がない部分もあり、多少の残業は我慢をしていました。

 

 

さらに数か月たってみて、ようやく会社の全容がみえてきました。

 

 

社内では当たり前のように残業があり、それも仕事のための仕事のようなことの連続。

 

さらには突然と夜に始まる結論のない会議は連日のようにあり、当然帰宅は終電の間際になりました。

 

また休日出勤もやるようになりました。

 

 

 

そんなある日会社の先輩に以前からの様子を聞いてみると、「前からこんなことのばかりだよ」と教えてくれて、タイムカードがないのは違法な残業の発覚を恐れ、会社がハナから用意していないとのことを教えてくれました。

 

会社に定着する人も3年以上いる人もほとんどなく、その先輩もしばらくして会社を辞めていきました。

 

 

私も長時間の残業に耐え兼ね体調も崩したこともあり、1年半で会社を去ることになりました。

 

辞めるときに残業代を請求しようかと思いましたが、証拠になるタイムカードは当然存在しません。

 

悔しかったですが泣き寝入りをしました。

 

 

 

皆さまもタイムカードのないようなブラック企業には、くれぐれもご注意ください。