IT業界ってブラック企業?

ブラック企業なんかにはもう二度と就職しない!!次世代ノマドワーカーの働き方

  好きな時間に好きな場所で、半ニート的に働いて年300万円稼ぐ方法とは?

ブラック企業に転職しないためのサイドビジネス成功例

IT業界はブラック企業が多い?!

 

「IT業界はブラック企業が多い」

 

というのは、結構いろいろなところで聞かれます。

 

 

地味な仕事が続く・・・

 

IT業界はブラック企業がほとんど?!

IT業界は若い人の憧れの対象である一方、時間通りに帰れないことや休日がない職業ということで、家庭が犠牲になってしまうと言われる業界でもあります。

 

 

また、デスクワークが一日のほとんどを占めており、一日中PCにかじりついているケースもあります。

 

 

 

これを長年続けていると、視力の悪化や腰痛、肩コリも酷くなり、決して楽な職業ではありません。

 

 

離職率が高い問題

 

実際には、ITがブラック企業かどうかは、その会社によって異なります。

 

 

業界を全体的にみると、時間に拘束されてしまうことが多かったり、終わりのない業務が毎日続くことで、離職率が高い傾向にあります。

 

また、誰かが辞めても次の人が決まらないと、残された人間が負担する業務が多くなり、更に環境が悪化してしまうという悪循環を招いてしまっています。

 

 

そのような環境が普通となっているIT業界では、労働環境を改善しないと働き手が確保できない現実があります。

 

 

さらに、新人社員の育成がほとんどできないほどの企業になると、技術を受け継ぐ人がいなくなり、会社自体の存続も危うくなってしまいます。

 

 

ブラック企業は今後、社名が公開されることになっています。

 

IT業界でも大手を中心に、残業代は規定通り支給されたり、最低限週休2日制度を守る等、少しずつ改善はされていくでしょう。