ブラック企業の体験談、実態とは?飲食店編

ブラック企業なんかにはもう二度と就職しない!!次世代ノマドワーカーの働き方

  好きな時間に好きな場所で、半ニート的に働いて年300万円稼ぐ方法とは?

ブラック企業に転職しないためのサイドビジネス成功例

ある飲食店に就職した結果・・・ブラック企業の体験談とは?

 

ブラック企業だと言われている某飲食店で勤めていたAさんの体験談を紹介します。

 

 

毎日残業、しかも残業代ゼロなんて当たり前

 

某飲食店に就職したらブラックだった?!体験談

憧れだった飲食店に就職し、将来も安泰だと思い込んでいたAさん。

 

しかし、就職してみたら思っていたような会社ではありませんでした。

 

 

就職したら仕事もプライベートも充実させる予定でした。

 

しかし、仕事は定時に終わる日は皆無で、毎日残業をするのが当り前。

 

会社では、上司から「自分を成長させるため」、「仕事がキツイと思う人間は日頃怠けている証拠」などと繰り返し言われ続けましたが、耐える毎日・・・。

 

 

いつも残業をしているからと初給料の日を楽しみにしていましたが、明細を見たら残業代が1円もついていない・・・というのが現実でした。

 

 

求人票はウソだらけ?!

 

交通費も支給されると求人票には記載されていたものの、「給料に含まれている」と言われる始末で払ってもらえませんでした。

 

求人票に書いてあったこととまったく違う待遇に、転職を考えました。

 

それで、上司に退職することを話した結果、「変わりの人を見つけてこい」という条件が与えられます。

 

しかし、自分が嫌で辞める会社を、友人や知人に紹介することができずに、渋々働き続ける結果に・・・。

 

 

精神的にも・・・

 

そのうちイライラして夜も眠れなくなり、体力的にも精神的にも辛くなり、食事も食べられないとう状態が続き、うつ病だという診断が下されました。

 

労災を申請しようすると、職場との関係を否定されて認めてもらえず、ついに退職することになったのです・・・。

 

 

Aさんの体験談は、健康な身体のときは辞めさせてもらえなかったのに、病気になったら会社側から退職をすすめられたケースです。

 

実は、ブラック企業ではよくある話です。

 

人として尊重される会社に勤めなければ、自分自身が崩壊してしまうということを学んだと言います。