ブラック企業の面接ってどんな感じ?

ブラック企業なんかにはもう二度と就職しない!!次世代ノマドワーカーの働き方

  好きな時間に好きな場所で、半ニート的に働いて年300万円稼ぐ方法とは?

ブラック企業に転職しないためのサイドビジネス成功例

ブラック企業の面接の特徴とは?

 

面接の段階でブラック企業かどうか見極めることができれば、大きな間違いを犯すことはないでしょう。

 

ですが、本当のブラック企業は採用前にいろいろと隠していることも多く、判断するのが難しくなっています。

 

そのため、採用までの流れの中で、じっくり検討する必要があります。

 

 

ブラック企業の「採用前の特徴」とは?

 

ブラック企業の面接の特徴とは?

多くのブラック企業に共通していることは・・・

 

「就職試験がない」、「面接が短い」、「採用の決定までの日数が短い」、「採用人数が多い」

 

などの項目です。

 

 

優秀な人材が欲しい企業であれば、就職試験で基礎学力を確かめ、何度も面接を行い採用すべき人材かどうか判断します。

 

しかし、とにかく人材に「忍耐力だけ」を求める企業・・・

 

つまり、会社に何もかも捧げる人材を求めているのであれば、筆記試験や実技試験というようなものは必要ありませんから・・・。

 

 

こんな面接には注意!!

 

ブラック企業の面接の内容は、面接を受ける人の考えを知ることよりも、会社の方針に従うことができるかどうか確かめる要素のほうが強いです。

 

就活者には興味がないかのように、事務的な質問が繰り返される場合は要注意です。

 

形式だけの面接である可能性があります。

 

 

また、質疑応答の時間には、教育体制やサポート体制があるのかをしっかり確認してください。

 

突然現場に入れられて、右も左もわからずに振り回されるような企業に就職しては、入社してから大変な思いをするでしょう。

 

 

それ以前に、面接で質問は受け付けない企業もあります。

 

もちろん、このような企業は就職以前の問題です。

 

 

その企業に就職するか否かはあなた自身で決めることです。

 

ただし、面接を受けたその日に採用の電話が来るような会社には注意が必要です。

 

本当にあなたという人間が欲しいのか、それともすぐにでも働いてくれる人であれば誰でも良いのかはわかりませんが、何か「裏」のある会社であることは間違いないでしょう。