ブラック企業を見抜く方法とは?

ブラック企業なんかにはもう二度と就職しない!!次世代ノマドワーカーの働き方

  好きな時間に好きな場所で、半ニート的に働いて年300万円稼ぐ方法とは?

ブラック企業に転職しないためのサイドビジネス成功例

どんな会社がブラック企業?見抜く方法とは?

 

  • 「会社の求人票の内容に魅力を感じて入社を決めた!」
  •  

  • 「自分の生活スタイルに合う会社だと思ってこの会社に決めた!」

 

このような前向きな考えを持って入社したら・・・思っていた業務内容と違ったり、求人票に書かれていた待遇は嘘っぱちだった、なんて経験はありませんか?

 

 

ブラック企業の見抜き方とは?

「ブラック企業を早い段階で見抜くことができたなら違う道を選択していた」

 

・・・そんな人がほとんどで、入社したあとで悔やんでしまっています。

 

そのような話を聞いていると、現在転職を考えているあなたは不安になるでしょう。

 

もし基本的なブラック企業の見分け方を知っていれば、幾分安心して仕事を探すことができます。

 

 

いつ見ても求人を出している会社かチェック!

 

まず仕事を探すときに、ハローワークなどでいつ見ても求人票が出ている会社は要注意です。

 

良くない噂がある会社は誰も志望しないでしょうし、入社したほとんどの人がすぐに退職してしまう会社も常に求人票が出ています。

 

記載されている賃金や待遇は平均的かそれ以上にあるのに、人員不足が慢性的に続いているというのは、何か“裏”があると疑ったほうがいいでしょう。

 

 

ネットの口コミや評判をチェック!

 

今はインターネットで、企業の口コミや評判を探すことができます。

 

評判が悪い企業はネット上でも話題になっていることもあり、情報を得ることができるでしょう。

 

特に「社内の情報」があれば要チェックです。

 

 

やはりあなたの目でチェック!

 

もし転職したい会社がマイナーで、ネットに口コミなどが載っていない場合、あなたの目でチェックすることをおすすめします。

 

現在外回りの仕事をしている場合はその会社を訪問してみてもいいですし、休日に付近を散策してみると、何かしら気付くことがあるはずです。

 

例えば、訪問してみたらあまりにも社内の空気が悪すぎたとか、営業時間外の深夜にいつも電気が付いているなどです。

 

 

一番信用できるのはやはりあなた自身の目ですので、転職前にはしっかりチェックしましょう。

 

 

希望の職場に巡り会うためには、しっかり情報収集を行い、疑問に思ったことは面接時に確認することが大切です。