【その会社ブラック企業?!】もう転職で失敗しないために

ブラック企業なんかにはもう二度と就職しない!!次世代ノマドワーカーの働き方

  好きな時間に好きな場所で、半ニート的に働いて年300万円稼ぐ方法とは?

ブラック企業に転職しないためのサイドビジネス成功例

そもそもブラック企業ってなに?定義とは?

 

ブラック企業とは従来は、暴力団との関わりがある会社を指していたのですが、最近では「労働環境が著しく悪い会社」を示すようになりました。

 

ブラック企業と呼ばれる職場の労働環境とは、一般的にどのようなものなのか、チェックしてみましょう。

 

 

「こんな過酷な長時間労働をするなんて聞いていない!」

 

ブラック企業の定義「過酷な長時間労働」

ブラック企業と呼ばれる会社に多いのは、「長時間労働」を強要する職場です。

 

 

長時間労働とは、どの程度のことをいうのかは職業によってもバラつきがあるのですが、「残業をしても手当が付かない企業」や「休日に無賃金で働かせられる」という会社も少なくないのです。

 

 

また、基本給が安くて残業をしないと生計が立てられないというような企業や、飲み会や歓送迎会などの付き合いを強要するような企業も、該当する場合があります。

 

 

「面接で説明されたこととぜんぜん違う!!」

 

ブラック企業は面接や契約内容と実務が違う!

ブラック企業は、就職や転職で面接した際に契約した内容が、実際には守られないことが多いことも多いです。

 

例えば、「週休2日制、残業時間月平均○時間、交通費支給、賞与年○回」というようなことが記載されている求人票を見て、あなたの生活スタイルに相応しい会社だと思ったら「この会社で働きたい」という気持ちになるでしょう。

 

面接に行って採用が決まり、「よし!頑張ろう」と思ったものの、契約内容が一切守られないのであれば、あなたはどう思いますか?

 

「辞めたい」という心理が働きますよね。

 

ところが・・・

 

 

「会社を辞めたくても辞められない!!」

 

ブラック企業のなんとも恐ろしいところは、「入社したら辞められない」ということです。

 

「辞めたい」という意思を伝えても、「辞めたら次がないぞ?」、「この業界で働けなくなるぞ?いいのか?」などと、パワハラをされつつ退職を妨げられるのです。

 

特に、退職してしまうと再雇用が難しいと言われる中高年のサラリーマンはターゲットになりやすいので要注意です。

 

 

どうですか?

 

あなたの勤めている会社は、以上の「ブラック企業の三大定義」に当てはまりますか?

 

当サイトでは、そんなブラック企業に就職・転職してしまったあなたのためのお助けサイトです。

 

「もしかして、自分の会社って・・・ブラック?!」

 

「もう絶対にこんな会社を辞めたい!」

 

そう思ったら、当サイトをぜひチェックしてみてください。